ウィーン観光

ガイド付きなら無駄なく安心!

ウィーン民衆劇の俳優ネストロイ

0

    JUGEMテーマ:ウィーン

     

    今回は一般的な観光から少し脇道に逸れますが、ウィーンの文化を理解しようとしたときには避けては通れない内容だと思います。

    撮影は2005年頃、時間は夜、場所はウィーン2区のネストロイ広場。
    そうです。地下鉄U1号線の「 Nestroyplatz 」駅界隈です。
    ウィーン民衆劇の俳優ネストロイ像
    この像は、フェルディナンド・ライムントと共にビーダーマイヤー時代を担った喜劇作家ヨハン・ネストロイです。ネストロイは、圧政とも言えるウィーン体制下であっても、舞台上が無礼講だった頃のスーパーヒーロー喜劇役者でした。

     

    路上カフェの喧噪の前に立つ愛嬌いっぱいのネストロイ像を見上げると、産業革命後のウィーンにおける中産階級勃興の時代が感じられます。

     

    ネストロイや一世代前のライムントは、毎年大晦日にフォルクスオペラで上演される喜歌劇「こうもり」の中で酔っ払った看守役が舞台上で言いたい放題やりたい放題で劇場内を爆笑の渦で満たす雰囲気が、実はその半世紀前のウィーンから始まっていたこと、その場所がブルボンの後に出現したナポレオンの「フランス」に対するハプスブルクの「オーストリア」、つまりウィーンであったことを感じさせてくれる存在です。

     

    同じ頃にウィーンで活躍した画家のヴァルトミュラーの絵には文学家グリルパルツァーと共存できるような品格が漂うのに比べ、ネストロイには同じ中産階級でも銀行の頭取のようなブルジョアとは異なる、ウィーンを底辺で支え続けた本当の一般庶民の姿が感じられます。
     

    ウィーンが好きでウィーンに興味を持ったお客様が何回もウィーンに来て、観光ガイドとしてお供したときには、こんなお話しをすることもあります。

     

    【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
    http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


    『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

    - | permalink | comments(0) | -

    ウィーンで1番美しいゴシック尖塔

    0

      JUGEMテーマ:ウィーン

       

      撮影は2013年7月11日、直径一キロ強のウィーン旧市街地内です。

      ウィーンで1番美しいゴシック尖塔
      この「岸壁のマリア教会」は、コンパクトなウィーン旧市街地に位置するにもかかわらず、観光で行くことは希です。

      「岸壁」という教会の名は、ウィーンの都市が中世時代に造られた城壁という枠内で繁栄してゆく中で、当時のドナウ川沿いの城壁の際に建造されたことから名付けられたそうです。当時そのあたりの岸壁が直線ではなく少しだけ曲がっていたことから、教会内部に入ると奥の祭壇に向かって教会の身廊が右に向かって「くの字」に曲がっているのが特徴です。

      その他、この場所で終戦直後に「第三の男」の映画撮影がおこなわれてます。

      ここに行くのは道案内が居た方が良いです。半日の旧市街地の徒歩観光中にカフェやヨーロッパの都市の中で一番多いイタリアンジェラート・カフェでの休憩を挟むのもお薦めです。昼食は室町時代からのレストランはいかがでしょうか。

       

      【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
      http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php

       


      『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
      にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

      - | permalink | comments(0) | -

      バーデン:ベートーベンの散歩道

      0

        JUGEMテーマ:ウィーン

         

        撮影は2016年10月04日、
        場所はウィーン郊外バーデン裏山「ベートーベンの散歩道」です。

        バーデン:ベートーベンの散歩道

        よく知られているベートーベンの散歩道と言えばウィーン市内ハイリゲンシュタットですが、今回はウィーン国立歌劇場からバーデン鉄道で一時間の温泉町バーデン裏山です。

        バーデンの森は、同じウィーンの森でもウィーンに面する「北の森」ではなく「南の森」です。南の森は、地質の違いから北の森に比べ起伏に富んでます。

         

        この場所に行くのは道案内が居た方が良いです。


        バーデン観光は午前と午後の全日観光がお薦めです。

         

        ・ベートーベンの散歩道
        ・昼食
        ・ベートーベン記念館(第九の家)
        ・バーデンの教会
        ・バーデンの歩行者天国

         

        ミートはお泊まりのホテル、解散はウィーン市心またはホテルです。


        【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
        http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


        『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
        にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

        - | permalink | comments(0) | -

        お薦めウィーン観光の季節

        0

          JUGEMテーマ:ウィーン

           

          撮影は2013年10月21日、
          場所はシェーンブルン宮殿の庭園です。

          秋のシェーンブルン宮殿の庭園並木道
          よくお客様からお薦めの観光季節を尋ねられます。

          夏は日陰で40度と暑い日があり、天気も不順ですから、5月の半ばから6月にかけての花の春と10月の紅葉時期をお薦めしてます。

           

          【安価で快適な短期滞在アパート】
          http://wien.main.jp/j-strauss/index.html

          【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
          http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


          『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
          にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

          - | permalink | comments(0) | -

          美しいウィーンの冬景色

          0

            JUGEMテーマ:ウィーン

             

            撮影は2017年1月02日朝、

            場所はドナウ運河に沿ってウィーン空港へ向かう高速道路です。

            綺麗なウィーンの冬景色

            綺麗なウィーンの冬景色ですが、残念ながら数時間で溶けてしまいました。

            冬にウィーンに来れば、運が良ければ見られるかも知れませんね。


            今冬は寒いです。

            ウィーンから約300キロ離れるザルツブルクのザルツァッハ川が数十年ぶりに凍結したと新聞に出てました。

            ウィーンでも最低気温が毎日マイナスで、なかなかプラスになりません。

             

            冬の観光は、混雑しないシェーンブルン宮殿の内部観光や、

            美術史美術館やベルベデーレ宮殿のオーストリアギャラリー、アルベルティナ美術館、

            ハプスブルク王宮のシシィ博物館や宝物館や古楽器博物館、

            音楽家記念館ならハイドン、モーツアルト、ベートーベン、ヨハン・シュトラウスの他

            ウィーンフィル1842年の結成記念館:ハウス・オブ・ミュージック博物館、

            また自然史博物館、国連内部観光ツアーも良いでしょう。

             

            ユネスコの世界遺産に登録されているカフェーでウィンナーコーヒーもお忘れ無く。

             

            ウィーン革命が無く2回の世界大戦の被害もほとんど無かったので興味深い入場ヶ所が目白押しです。

            是非共ゆくりとした滞在期間をお取りください。

             

            【安価で快適な短期滞在アパート】
            http://wien.main.jp/j-strauss/index.html

            【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
            http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


            『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
            にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

            - | permalink | comments(0) | -

            ウィーンの『双頭の鷲』ワッペン

            0

              JUGEMテーマ:ウィーン

               

              撮影は2013年10月01日です。

              ウィーンの『双頭の鷲』ワッペン

               

              1461年8月12日にこの場所で起きた事件が契機で同年9月02日からウィーンのワッペンとなる『双頭の鷲』について記されてます。ウィーンのガイド試験必須項目ですから公認ガイドなら誰でも知ってます。

               

              【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
              http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


              『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
              にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

              - | permalink | comments(0) | -

              ウィーンの王宮庭園モーツアルト像

              0

                農民伝承では冬が寒いと夏は暑くなると聞いたことがあります。

                ご無沙汰しました。春が待ち遠しいウィーンからご挨拶です。

                 

                写真は2016年9月21日、いつもながらスマホ撮影です。

                ウィーンのモーツアルト像

                よく知られたウィーン王宮庭園内のモーツアルト像です。

                 

                このティルグナーの傑作に数えられる彫像は、ウィーンの造園士がその前に植えた「ト音記号」の花に負けてしまい、影が薄くなってしまいました。

                 

                撮影と言うほどのものではありませんが、赤い花の色がとばない程度に明るい日と時間を選び、奥に広がるハプスブルク王宮の屋根に掲げられる金色の「双頭の鷲」がうまく入る位置に立って、ト音記号の形がわかりやすいように手を上に伸ばして写しました。

                 

                 

                昨年秋から日本とウィーン間の直行便が廃止されてます。
                乗り換えが楽で時間のロスが少ないフライトはフィンランド航空です。

                抑えめの料金が提示されているので、早い目に予約しましょう。

                Skyscanner格安航空券検索アプリ:http://amzn.to/2k7w3NO

                 

                【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
                http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php


                『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
                にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

                - | permalink | comments(0) | -

                宝石の花束

                0

                  JUGEMテーマ:ウィーン

                  有名な「宝石の花束」、ウィーン自然史博物館のコレクションです。
                  ウィーン自然史博物館「宝石の花束」

                  撮影は2013年3月25日です。

                  ウィーン自然史博物館は、125年前にマリア・テレジア像を挟んでウィーン美術史美術館と左右対称に建造されました。

                  慌ただしいパッケージ旅行ではシェーンブルン宮殿や美術史美術館に入場しても自然史博物館を訪れることは少ないようです。

                  コレクションは「鉱物の標本」「動物などの剥製」が主です。この「宝石の花束」はマリア・テレジアが愛する夫へ贈ったもので「鉱物の標本」セクション一番奥の部屋に展示されてます。

                  その他、この自然史博物館の膨大なコレクションには、世界最大と言われる隕石のコレクション、恐竜の化石などの展示、学校の教科書に写真が出ているマリア・テレジアの家族の集合写真に描かれている「犬」の剥製やヴイーレンドルフのビーナス像も含まれます。

                  巨大な博物館の観光は疲れますから、その日の天気や体調の様子を見ながら担当ガイドと打ち合わせて歴史地区の散策と組み合わせると良いでしょう。

                  【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
                  http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php

                  『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
                  にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

                  - | permalink | comments(0) | -

                  ウィーン楽友協会・ブラームスホール

                  0

                    JUGEMテーマ:ウィーン

                    ウィーンの楽友協会・ブラームスホール内部です。
                    ウィーン楽友協会ホール
                    撮影は2016年6月06日の昼間です。写真内の左下にウィーン楽友協会の理事だったブラームスの白い胸像が写ってます。ブラームスの尽力とフランツ・ヨセフ皇帝の理解無くして、この世界一のホールは無かったことでしょう。

                    毎年元旦に開催されるウィーンフィルのニューイヤーコンサートで知られる楽友協会・黄金のホールは、協会の建物内にある2つのホールの内の一つで、正式には「大ホール/Grosser Saal」と呼ぶそうです。

                    この黄金のホールがあまりにも有名なために、もう一つの歴史的なホールは見過ごされがちです。そのもう一つのホールが室内楽用の小ホール、別名「ブラームスホール」です。

                    会場の美しさは、もちろん世界一。柔らかく繊細な響きに包まれる会場の雰囲気は筆舌に尽くしがたいです。

                     

                    ウィーンに来たら楽友協会やコンツェルトハウスの演奏会へどうぞ。ウィーン以外では体験できない本場のクラシック音楽に触れることができます。

                    不安のある人には、ホテルから会場への移動案内の日本人斡旋員が60ユーロで手配可能です。現地斡旋員は国家試験ではなく登録制なので公認ガイドよりも料金は安いです。道案内だけで無く注意事項なども聞くことができます。必要時には120ユーロで演奏会同席、その後の宿への案内も可能です。

                    以下ページのフォーム「その他」欄に「日本人斡旋員手配希望」と記入いただければ公認ガイドでは無く日本人斡旋員を手配します。また、「その他」欄にチケット代行購入希望を併記いただければ、事前打ち合わせの上で購入したチケットを担当斡旋員から受け取ることも可能です。

                    【案内の観光ガイドの詳細と申し込み】
                    http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php

                     

                    『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
                    にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

                    - | permalink | comments(0) | -

                    シュテファン・巡礼教会

                    0
                      JUGEMテーマ:ウィーン

                      今回は、 シュテファン大聖堂の知られざる一面です。

                       

                      撮影は数年前、 ウィーンのシュテファン大聖堂内部です。

                      ウィーンのシュテファン寺院内部

                      聖コロマンのお墓はメルクの教会内部です。メルクの教会内部はガイディング禁止ですが、コロマンの聖遺物の写真がメルク宮殿内部観光で展示されているので、バッハウツアーで紹介されることでしょう。

                       

                      この「聖コロマンの聖石」がシュテファンにあります。

                       

                      ウィーンのシュテファン大聖堂が巡礼教会として知られ、多くの信者が訪れたことは、巡礼者が触り続けて大きく窪んでしまったこの聖石の写真でわかります。

                       

                      このコロマンの聖石は誰でもがすぐに見られる場所にあるので、公認ガイドと観光するときに質問してみると良いでしょう。これを知らない公認ガイドは居ないので、すぐに「そこです」と指し示してくれることでしょう。

                       


                      【シュテファン教会の格安ツアーの詳細と申し込み】
                      http://wien-jp.com/wien-jp/kaiser-g.php


                      公認ガイド占有、移動中の観光付き、その他の観光ヶ所との組み合わせは、下記プライベートガイドです。

                      【プライベートガイドの詳細と申し込み】
                      http://wien-jp.com/wien-jp/id-nr.php

                       


                      『にほんブログ村』ランキングに参加してます。このブログが有用だと感じた方はクリックしてくださると幸いです。ありがとうございます。
                      にほんブログ村 旅行ブログ オーストリア旅行へ

                       

                      - | permalink | comments(0) | -